Keiの気ままにダイアリー

Kei:「夫と二人の生活に、母が田舎から出てきて同居する事に。 いい景色を見て、美味しいものを・・」

84歳と楽しく旅行するために

石垣で撮った写真を毎日眺めて、

「80歳を過ぎて、石垣島に行くことになるとは
思ってもいなかった。また行きたいね~」と母。
f:id:Keity80:20170216234546p:plain

そもそもきっかけは、
「お父さんは、
私をどこにも連れて行ってくれなかったのよ。」
と口癖のように言ってたから・・・。

それで無理な行程でない旅行には、
母も連れていく事にしました。

一回目は昨年11月の山形蔵王温泉

そして
二回目は暖かい所が良いとのことで、
思い切って、石垣島にしました。
これが、最後になるかもしれないという気持ちで。。

結果、大変喜んでくれました。
特に、竹富島の水牛車観光は
一番気に入っていました。


母は身体は元気だけど、
足が少し弱く、手摺がないと階段を上がれないし
長い距離は歩けない。

84歳の母と楽しく旅行するためには、
気を付ける点がいくつかありました。

①現地では、レンタカーと車椅子を調達

手押し車はコンパクトなので持参しました。
これらは必須です。

車であれば、
目的地のできるだけ近くに母と車椅子を降ろす
ことができます。
 
ホテル、レストラン、高速船乗り場、展望台も
近くまで車を回して、歩く距離を少なくしました。

ANAインターコンチネンタルホテル
車椅子を貸してくれるサービスがありました。
もちろんホテルの外でも利用可です。

ホテル内も食事・お風呂・庭園の散歩に使えたので
母も楽だったと思います。
f:id:Keity80:20170216234614p:plain

②固い食べ物はダメ

食べ物は固いもの以外は何でも好きです。

ホテルの食事はビュッフェもあったので
私が食べやすそうなものをチョイスしました。

石垣料理もたいへん、美味しかったようです。
f:id:Keity80:20170216234637p:plain

羽田空港は「車椅子での介助サービス」を

羽田空港の移動は、
手押し車(シルバーカー)にしましたが、
搭乗口まで、結構距離があるんですよね。
うっかりしていました。

やはり、車椅子の介助サービスを
受けるのが一番いいと思います。
f:id:Keity80:20170216234657p:plain:w300

トイレの場所はいつも気を付けて、
さりげなく伝えています。


今回、母と別行動したのは、
竹富島をサイクリングした1時間。
私達だけで楽しませていただきました。

母も
自分のせいで、行けなかった場所がないように
と気にしているし、

この先も、まだまだ
一緒に行く旅が続きそうなので・・

石垣島3日目~川平湾(再)とマエサトビーチ

石垣最終日の朝、「もう一度、川平湾を見たい!」と、
ミシュラン三ツ星の景勝地に向かいました。
何度見ても美しい景色です。
f:id:Keity80:20170213214527p:plain


遠浅のサンゴ礁
青のグラデーションが素晴らしいです。

点在する島々も海の美しさを引き立てます。
f:id:Keity80:20170213214539p:plain

手押し車(シルバーカー)は、砂浜は苦手ですが、
84歳の母も絶景を堪能することができました。
f:id:Keity80:20170213214554p:plain

次は、マエサトビーチの西
奥に見えるのは、ANAインターコンチネンタルホテル
f:id:Keity80:20170213214633p:plain

西側は少し岩場になっています。
f:id:Keity80:20170213214644p:plain

マエサトビーチ近くの国道390号沿いに
おしゃれなカフェが。
島野菜カフェ リハロウビーチ(Re:Hallow BEACH)
f:id:Keity80:20170213214652p:plain

入口は裏手(海岸側)にあります
f:id:Keity80:20170213214700p:plain

店内からも綺麗な海が見えます。
f:id:Keity80:20170213214708p:plain

ランチタイムで、ドリンク&スープが飲み放題。

いろんな島野菜と生のサーモンが盛られて
オリジナルソースをかけたロミロミサラダごはん。
絶妙な味加減で最高に美味しかった。
f:id:Keity80:20170213214718p:plain

島野菜と島ベーコンのゴルゴンゾーラフォンデュ
f:id:Keity80:20170213214728p:plain

ガーリックシュリンププレート
f:id:Keity80:20170213214739p:plain

これに冷製スープ・サラダ・もずくがセットに。

島野菜カフェと言うだけあって
たくさんの島野菜をいただきました。


最後に石垣空港から羽田へ
f:id:Keity80:20170213214749p:plain:w500

足の弱い母も、無事に帰ってくることができ
今回の旅行をたいへん喜んでいます。


最後まで、読んでいただき
どうもありがとうございました。

石垣島2日目~バンナ公園と石垣料理

ホテル9階の客室から綺麗な日の出が見えました。
ただ、雲ひとつない晴天とはいかないようです。

雨が降らないだけ、ありがたいと思わないとね。
f:id:Keity80:20170211221252p:plain
f:id:Keity80:20170211221308p:plain



石垣島2日目午後の昼食は、
八重山そばの店「来夏夜(くなつゆ)」。

閉店時間を過ぎていたけれど、
店の人のご厚意で入れてくれた。


かつお、昆布、豚骨でとったスープに
ちゃんぽんの様な麺。味はあっさりしていて美味しい。

ただ、ジューシー(沖縄風炊込みご飯)が
終わっていたのが残念。
f:id:Keity80:20170211221321p:plain

次に、
バンナ公園の「エメラルドの海を見る展望台」へ。
f:id:Keity80:20170211221333p:plain

緩やかなスロープで
赤瓦の見晴台までは車椅子でもラクに登れます。
f:id:Keity80:20170211221346p:plain

ANAインターコンチネンタルホテルで貸してくれた
車椅子です。
f:id:Keity80:20170211221357p:plain


石垣島の市街地と、右に見える島が竹富島です。
f:id:Keity80:20170211221408p:plain

階段を上ると展望台があり
赤瓦の先に名蔵湾と先枝半島。
f:id:Keity80:20170211221418p:plain


「ゆらてぃく市場」と言う道の駅みたいなお店で、
海ぶどう、蜂蜜、カーサムーチーなどを買いました。
ゴーヤやパクチーもすごーく安かったですよ!
f:id:Keity80:20170211221433p:plain



夕食は、
楽しみにしていたまぐろ専門店「ひとし」へ。
ここだけは、旅行前に予約しておきました。
駐車場は店の裏手にあります。
f:id:Keity80:20170211221658p:plain


まずは、お通し。
牛肉かと思いきや、まぐろとニンニクの煮付け。
f:id:Keity80:20170211221714p:plain:W500

次に石垣牛寿司
柔らかくて、口の中でとろける石垣牛
f:id:Keity80:20170211221728p:plain:W500

まぐろ寿司セットは
大トロ、中トロともに絶品。こちらもとろけるまぐろ。
f:id:Keity80:20170211221739p:plain:W500

温泉卵が入った
島豆腐と海ぶどうのサラダ
f:id:Keity80:20170211221751p:plain:W500

ジーマミ豆腐の揚げ出し
ピーナッツが残っていて濃厚なお豆腐。
f:id:Keity80:20170212131935p:plain:W500


その他、
ミミガーときゅうりとゴマ和え
・ゴーヤちゃんぷる
・島豆腐とチキナー(からし菜)のちゃんぷる
などをいただきました。

評判通り美味しくて、お店の店員さんも親切で
予想以上にリーズナブルなお会計でした。

今日も足の弱い母でも、私自身も十分に
楽しむことができました。

石垣島2日目は竹富島へ

この水牛(雄8歳マブイ君)が引く車に乗りました。
20人近くの大人を乗せて運ぶ力持ちです。
f:id:Keity80:20170211090437p:plain

途中、疲れたのでしょうか? 
何度か立ち止まり休憩。
乗客から「がんばれ」とか「ゆっくりでいいよ」と
声がかかります。
f:id:Keity80:20170209210459p:plain

水牛は頭が良くて、回るコースを覚えているし
狭い曲がり角も、
長い水牛車の内輪差を考えて曲がれるんです。
石垣の上には赤いブーゲンビリア
f:id:Keity80:20170209210449p:plain


水牛車観光の後は、レンタサイクルで島一周。
島中央の竹富観光センターから自転車で5分。
夕日の名所として知られる西桟橋へ
f:id:Keity80:20170209210709p:plain

海岸に沿って南に自転車で5分。
遠浅の砂地が遠くまで続くコンドイ浜
白いサンゴ礁と澄んだ海に南国の海を実感。
f:id:Keity80:20170209210732p:plain

さらに南に5分。
星や太陽の形をした砂が見つかるカイジ浜
別名「星砂の浜」
f:id:Keity80:20170209210752p:plain

中心部に戻って、島内で最も高い「なごみの塔」
以前はここから島全体が見渡せていたらしい。
f:id:Keity80:20170209210615p:plain

現在は老朽化のため、塔には登ることができず、
近くの店の屋上から撮影した赤瓦の民家。
f:id:Keity80:20170209210629p:plain

島中央の竹島観光センター前
観光客を乗せたマイクロバスが手前に並びます。
f:id:Keity80:20170209210419p:plain:w300



今回の竹富島は半日でしたが、十分に楽しめました。
母もシルバーカーを水牛車に乗せて回りました。
サイクリングの間(1時間)は、
母には観光センターで待っていてもらった。

石垣島から竹富島へは高速船「ぱいじま」で15分程度。
f:id:Keity80:20170209210339p:plain:w300

手押し車でも問題なく
船内も座席の先頭に車椅子専用の席が設けてあります。
f:id:Keity80:20170209210358p:plain:w300

竹富島到着後、島中心部の竹富観光センターへは
マイクロバスが運行しています。
オフシーズンの為か予約なしでもスムーズでした。

2日目午後も、石垣島観光が続きます。

石垣島(1日目)~川平湾

玉取崎展望台から、島で最も美しいとされる川平湾まで30分。
途中、「川平湾を望む駐車場」で写真を撮って川平湾に到着(16:45)

正面の切符売り場で券を購入して、グラスボート乗り場に向かう。
最終便に間に合った!
f:id:Keity80:20170208205204p:plain


砂浜には透き通るような海が広がっているが、砂でシルバーカーがうまく動かない。
f:id:Keity80:20170208205246p:plain


シルバーカーを置いて、20m程歩いて水際まで行き、
ボートを近づけてもらい乗船。
f:id:Keity80:20170208205307p:plain

グラスボートから海中を見ると
サンゴやシャコ貝、クマノミなどの熱帯魚が見えました。
f:id:Keity80:20170208205347p:plain

海から見る海岸の景色もとてもきれい。
f:id:Keity80:20170208205420p:plain


川平公園
こちらは駐車場から展望台まで歩道が続いているので、
車椅子もベビーカーも問題なく行けます。
f:id:Keity80:20170208205605p:plain

川平湾を見下ろせる絶景ビュースポットです。
白い砂にエメラルドグリーンのグラデーションが美しい。
f:id:Keity80:20170208205641p:plain

雲も出てきたけれど、それでも澄んだ海と
サンゴ礁はとても綺麗でした。
f:id:Keity80:20170208205723p:plain

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で
最高ランクの三ツ星を獲得した川平湾だけあって、
美しい自然を堪能できました。

早い時間で、雲がなければ、
もっと感激度は高かったと思います。

当たり前かもしれませんが、
砂浜に出るには、車椅子や手押し車は
難しいですね。

石垣島(1日目)~玉取崎展望台

シルバーカーが機内持ち込みOKだったので、
空港内の移動は楽でした。

いよいよ、石垣島が見えてきた。ちょっと曇ってる。
f:id:Keity80:20170208202752p:plain

予定通り14:40石垣空港に到着。
石垣空港に降りて最初に感じたのは  ~暖かい!
2月なのに関東のゴールデンウィーク頃の気温かな?
得した気分(*^_^*)

空港出口前の横断歩道を渡ると、
いろんなレンタカー会社の人が待っていて、すぐ近くの事務所へ。
手続きも簡単に終わり、玉取崎展望台へ向かう。
f:id:Keity80:20170208202712p:plain


玉取崎展望台(15:25~16:00)

駐車場前からの景色です。
横にトイレと自動販売機があり、ここから歩道が続いています。
f:id:Keity80:20170208001208p:plain


最初の坂道が一番急です。登りは母一人で行けたけど、
帰りはシルバーカーが加速しないように補助が必要でした。
f:id:Keity80:20170208001344p:plain

あとは緩やかな坂道です。(展望台側から撮影)
f:id:Keity80:20170208001434p:plain

途中にたくさんのハイビスカスが咲いています。
f:id:Keity80:20170208001449p:plain

展望台から(海に向かって左側)
f:id:Keity80:20170208001553p:plain

展望台から(海に向かって中央)
f:id:Keity80:20170208001522p:plain

展望台から(海に向かて右側)
f:id:Keity80:20170208001506p:plain

玉取崎展望台は、赤や黄色のハイビスカスと緑に囲まれ、
サンゴ礁とエメラルドの海が見渡せる絶景スポットでした。


駐車場から展望台まで舗装されていますが、
最初の坂道が少し急です。

シルバーカーでは問題なかったけれど、
車椅子やベビーカーだと補助の人が大変かもしれない。

このあと川平湾へ~

石垣島~手押し車と車椅子の旅_準備

2泊3日で石垣島に行くことになりました。

母も愛用の手押し車(シルバーカー)を押して行きます。
疲れると歩けなくなるので、車椅子も現地で調達の予定。
f:id:Keity80:20170209000602j:plain:w200


●飛行機とホテルの予約
オフシーズンのため、リーズナブルなパックが見つかりました。

じゃらんパック
 ・ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(2泊)
 ・2連泊以上ディナー付(滞在中一回のみ)
 ・【禁煙】プレミアム タワーウィング
 ・レンタカー付き
 ・羽田→石垣 2月3日11:10→14:40
 ・石垣→羽田 2月5日15:30→18:05
79700円/人
f:id:Keity80:20170208201412p:plain


●車椅子の手配については
ANAインターコンチネンタルに電話で聞いたら、
滞在中は、車椅子を貸してくれるとの事。


●羽田への交通手段
電車で行くと1時間余りだけど、
母の乗り換えを考えると車でないと無理。
今回は
タクシーで行くことにした。(定額12800円+高速代)


今回、行きたいところは、
・川平湾(ミシュラン三ツ星景勝地
竹富島の水牛車観光
など
天候に合わせて柔軟に。