Keiの気ままにダイアリー

Kei:「夫と二人の生活に、母が田舎から出てきて同居する事に。 いい景色を見て、美味しいものを・・」

石垣島2日目は竹富島へ

この水牛(雄8歳マブイ君)が引く車に乗りました。
20人近くの大人を乗せて運ぶ力持ちです。
f:id:Keity80:20170211090437p:plain

途中、疲れたのでしょうか? 
何度か立ち止まり休憩。
乗客から「がんばれ」とか「ゆっくりでいいよ」と
声がかかります。
f:id:Keity80:20170209210459p:plain

水牛は頭が良くて、回るコースを覚えているし
狭い曲がり角も、
長い水牛車の内輪差を考えて曲がれるんです。
石垣の上には赤いブーゲンビリア
f:id:Keity80:20170209210449p:plain


水牛車観光の後は、レンタサイクルで島一周。
島中央の竹富観光センターから自転車で5分。
夕日の名所として知られる西桟橋へ
f:id:Keity80:20170209210709p:plain

海岸に沿って南に自転車で5分。
遠浅の砂地が遠くまで続くコンドイ浜
白いサンゴ礁と澄んだ海に南国の海を実感。
f:id:Keity80:20170209210732p:plain

さらに南に5分。
星や太陽の形をした砂が見つかるカイジ浜
別名「星砂の浜」
f:id:Keity80:20170209210752p:plain

中心部に戻って、島内で最も高い「なごみの塔」
以前はここから島全体が見渡せていたらしい。
f:id:Keity80:20170209210615p:plain

現在は老朽化のため、塔には登ることができず、
近くの店の屋上から撮影した赤瓦の民家。
f:id:Keity80:20170209210629p:plain

島中央の竹島観光センター前
観光客を乗せたマイクロバスが手前に並びます。
f:id:Keity80:20170209210419p:plain:w300



今回の竹富島は半日でしたが、十分に楽しめました。
母もシルバーカーを水牛車に乗せて回りました。
サイクリングの間(1時間)は、
母には観光センターで待っていてもらった。

石垣島から竹富島へは高速船「ぱいじま」で15分程度。
f:id:Keity80:20170209210339p:plain:w300

手押し車でも問題なく
船内も座席の先頭に車椅子専用の席が設けてあります。
f:id:Keity80:20170209210358p:plain:w300

竹富島到着後、島中心部の竹富観光センターへは
マイクロバスが運行しています。
オフシーズンの為か予約なしでもスムーズでした。

2日目午後も、石垣島観光が続きます。